ロシアンブルー

ロシアンブルーはロシアに土着していた猫が祖先と言われ、北極圏に近いアルハンゲル(Archangel)島の原産という説もありますが、定かではありません。彼らがイギリスに入った頃は、アルハンゲルキャットと呼ばれ、英語読みのアークエンジェルキャットという名前で1880年代からイギリスのキャットショーに出陳されていました。ロシア皇帝やイギリスのビクトリア女王の寵愛を受けた猫とされ、高貴で美しい容姿は猫愛好家の心を捉えて繁殖が盛んになり、1912年にはフォーリンブルー(外国の青猫)という名前で独立したクラスになりました。

ロシアンブルーはくさび型の小さな頭にエメラルドグリーンの大きな目、先がとがった耳は離れてピンと立っています。頭をすっと持ち上げたような首の姿勢ではコブラ・ヘッドとも呼ばれています。 小さな顔に切れ上がった口元は微笑んでいるようにも見えることから、彼らの顔立ちは「ロシアン・スマイル」と呼ばれます。 被毛は短毛のダブルコートで、細く滑らかな毛に覆われています。 しっぽは長く、手足は引き締まっており、細い体に無駄のない筋肉をまとった、中型のフォーリンタイプです。

ロッシン

♀ 2013/04/12生