アメリカンカール

アメリカンカールは猫の純血種の中でも新しく、繁殖の基礎となった猫が発見されたのは1981年6月のことでした。 カリフォルニア州レイクウッドに住んでいたルーガ夫妻が、自宅玄関で見つけた黒く美しい長毛の若猫は、外側に反りかえった形の耳を持っていました。人なつこく愛らしいその猫は、ルーガ夫妻の家庭に迎えられ、シュラミスという名前を与えられました。その半年後、1981年12月にシュラミスは子猫を出産しました。その4頭の子猫のうち、2頭はシュラミスと同じ形の耳を持っていたのです。 シュラミスの耳の形は当初は一部の猫愛好家や遺伝学者などの議論にとどまっていましたが、この出産により、耳の形が遺伝することがはっきりしました。 1983年には、猫愛好家や繁殖家によって品種として作成する計画が立てられ、繁殖が始まりました。

アメリカンカールは筋肉質で、平均的な体重3~5kg、小型のスリムなセミ・フォーリンです。 脚は中くらいの長さで、しっぽは長く、くさび型の頭部にクルミのような形の目、特徴的な耳は後方外側に巻いています。 被毛には長毛と短毛があり、長毛タイプはシルキーなシングルコートまたは非常に少なく短いアンダーコートが生えています。短毛タイプはダブルコートが多いようです。基礎となった猫は長毛タイプでしたが、現在は短毛タイプも存在します。両親が短毛タイプでも長毛タイプが生まれることがあります。

カール

♂(去勢) 2010/01/23生

ルーカス

♂ 2017/04/02生