Quarter Horse

クォーターホースはアメリカ開拓期に、ヨーロッパから連れてきたアンダルシァン種(スペイン原産)と、サラブレッドやアラブ等を交配して作られ、改良に改良を重ねられてできた品種です。

もっとも品種として確立され、アメリカン・クォーターホース協会ができたのは、1930年だから、そんなに古いことではありません。
中間種のややがっしり型の体型で、体高は155センチ程度です。 サラブレッドよりは5~10センチ程度小柄です。

短距離の瞬発力に優れ、アメリカではクォーターマイルレース(400m競走)用の馬として使われています。 名前の由来もそこから来ています。

急発進・急停止等も器用にこなし、ウェスタン乗馬用の馬としても人気があります。
性格温順、かつ頑健で、乗馬にはもってこいの品種です。日本でも人気が高まっており、輸入される馬が多くなってきました。

調教能力が高いため、西部劇映画や戦争映画にもよく登場します。
元映画監督の、故 黒沢明監督は、映画「乱」の撮影をするために、クォーターホースを50頭アメリカから輸入して使ったそうです。