ワールド牧場では、世界の動物とふれあえるだけでなく、動物の販売もしています。
ワールド牧場だから出来る価格。どうぞお気軽にお問い合わせください。
※時期によってはお渡しにお時間がかかったり、仕入れができない場合があります。

小動物 ニワトリ・鳥・水鳥 その他の動物 種卵(有精卵) 自動孵卵器 家庭用鶏舎 ワールド堆肥 動物のエサ【業務用】
ミニブタって何?
ミニブタって何?最近、ペットとして飼うことが注目されているミニブタ。①人に懐く②きれい好きでトイレの場所を守る③頭がよくしつけも芸もできる④ユニークさ、といった理由で人気を集めています。特に子ブタの愛らしさは格別で、かわいい顔、丸っこい体、独特のしぐさには誰もが虜になってしまいます。

成長してからは犬や猫とは違うマイペースさを持ちつつも、飼い主を頼って甘えることもあり、見ているだけで癒され、元気がもらえる動物です。散歩に出ても注目を集め、周りの人まで楽しくしてくれる魅力を持っています。

よく誤解されるのですが、ミニブタとは家畜のブタ(200~300kg)に比べて小さい品種のブタの総称です。ですから成長した時の体重は100kgを超える場合もあります。代表的なポットベリーという品種は平均約50kgになるといわれています。ですので飼いたいと思うなら、それなりに大きくなるということを心得ておかなければなりません。

ブタは実はきれい好きで、トイレの場所を決め、寝る場所で粗相をすることはありません。また、人間が思っている以上に頭がよく、お座り、おまわり、お手といった犬ができるような芸ができます。(体系的に無理なもの以外)

群れで行動するので、人間のことも仲間とみなしよく懐きます。しかし群れの中で順位付けをするので、飼い主を下に見てしまうと、問題行動を起こしやすくなります。逆に飼い主を上に見ても、犬のように完全に服従するわけではありません。人間を対等にみなしてきます。

好きなことは食べることと寝ることです。甘いものが大好きで食べられればどんどん食べてしまい、運動が嫌いなためあっという間に太ってしまいます。小さめのサイズがいいのであれば、適量のエサと適量の運動をこころがけましょう。
ミニブタの種類
ミニブタの種類日本で飼われているミニブタは主にポットベリーかゲッチンゲン、もしくはその雑種です。ブタは他品種を交配して雑種にすることで、それぞれのいいところを引き継ぐブタが生まれるため、ミニブタの場合も多くの系統が掛け合わさっているケースがあります。イノシシの血が入っていることもあります。

毛色は同じ品種や系統でも、いろんな毛色の子ブタが誕生します。白だけではなく、白地に黒が混じったブチや、黒、黒地に白が混ざったブチがいて、模様の入り方は様々です。
ミニブタの成長
ミニブタの成長ミニブタは一度に4~6頭の子ブタを産みます。生まれたばかりの子ブタは脂肪が少なく、すぐに体温が奪われてしまうので、35℃くらいで保温する必要があります。生後6日ごろまで体温をうまく調節できない状態が続き、7~20日齢の間に調節機能が発達するので、この間は徹底した保温管理が必要です。

生後6週齢になると、子ブタを引き取ることができます。去勢は1週齢前から6週齢、避妊手術は3か月齢ごろが適期です。去勢や避妊手術をしない場合、オスは5か月齢、メスは6か月齢から発情し、実際には1歳ごろから繁殖できるようになります。3歳で大人として成熟し、その後15歳前後まで生きるといわれています。
ミニブタの行動
【ルーティング(鼻掘り)】
ミニブタの祖先は土を掘り起こして土中の虫や木の根を食べていたので、鼻で土を掘るのが大好きです。ルーティングが出来ないとストレスになることがあります。

【鼻パンチ】
鼻を左右に振り回して攻撃します。鼻の力が強いため、あたると痛いだけでなく、牙が生えてくると大怪我をすることがあるので要注意。室内で飼う場合は、鼻を押さえて叱らないと、癖になってしまいます。

【鼻ゴリ】
子ブタに多く見られる、鼻を押し当ててめいっぱい押してくる動作。早い時期に離乳した場合に、母ブタから授乳されるときの動作を思い出してとる行動です。人の注意を引くとき、エサが欲しいときにすることがあります。

【水浴び・泥浴び】
飼われていたブタが野生化すると、皮膚を日光や虫から守るために泥浴びをすることが知られています。ミニブタも暑いときにプールを用意すると、自分から入って水浴びしたり、機会があれば泥浴びをします。

【歯ぎしり】
ポットベリーはよく歯ぎしりをする性質があります。特に問題になる行動ではありませんが、歯が出てくるときやストレスを感じているとき、自分の縄張りを主張するとき、腹痛のときなどにしますので気を付けてください。