ウマの種類

クォーターホース

クォーターホース

クォーターホースはアメリカ開拓期に、ヨーロッパから連れてきたアンダルシァン種(スペイン原産)と、サラブレッドやアラブ等を交配して作られ、改良に改良を重ねられてできた品種です。
といっても、品種として確立され、アメリカン・クォーターホース協会ができたのは1930年なので、そんなに古いことではありません。
中間種のややがっしり型の体型で、体高は155センチ程度です。
サラブレッドよりは5~10センチ程度小柄です。
短距離の瞬発力に優れ、アメリカではクォーターマイルレース(400m競走)用の馬として使われています。
名前の由来もクォーターマイルレースから来ています。
急発進・急停止等も器用にこなし、ウェスタン乗馬用の馬としても人気があります。
性格温順、かつ頑健で、乗馬にはもってこいの品種です。
日本でも人気が高まっており、輸入される事が多くなってきました。
調教能力が高いため、西部劇映画や戦争映画にもよく登場します。
元映画監督の、故 黒沢明監督は、映画「乱」の撮影をするために、クォーターホースを50頭アメリカから輸入して使ったそうです。
ペイントホース

ペイントホース

ペイントホースとはクォーターホースのような茶色の胴体に白くペイントされたような毛色の模様をもつ馬で、アメリカンペイントホース協会に登録されている純血の血統の品種です。
ペルシュロン

ペルシュロン

フランスノルマンディー原産の重種の馬で、肩までの体高が160cm~170cm、大きなものでは2m11cm、体重1,370kgの記録があり、世界最大級とも言われています。
ワールド牧場にもバロンと言う葦毛の人気者がいます。
ポニー

ポニー

ポニーとは肩までの体高が147cm以下の馬の総称で品種ではありません。
とても小さなファラベラポニーから日本在来種まで幅広く多数の品種のポニーがいます。
ミニチュアホース

ミニチュアホース

世界最小の品種で原産国はアルゼンチンです。
特に小さいミニチュアホースは肩までの体高が40cm程度のものもいます。
ロバ

ロバ

ロバはウマより古くから家畜化されており、紀元前5000~6000年頃から家畜化されていたという説があります。非常に頭が良く温厚な正確をしています。またウマよりも耳が長いことも特徴です。ロバは粗食にも耐え、厳しい条件下でも働くことができ、また力も強いので、現在でも乗用や運搬、耕作などに使われています。
道産子

道産子

道産子とは正式な品種名ではなく北海道民や北海道出身者の呼称で、正式には北海道産のウマ、特に「北海道和種」のことを指します。体格は小柄ですが、丈夫で力強く現在でも北海道で農耕馬として用いられています。

ページトップへ戻る